大野海岸[大野町千鳥浜]

世界最古の海水浴場と言われ、リアス式海岸で、往古江戸初期には汐湯治と称し、尾張藩はじめ、多くの文人の来浴がありました。
鴨長明の「生魚の御あへもきよし 酒もよし 大野のあゆみ 日数かさねむ」
その後、明治、大正、昭和に亘り数多き伝承があります。
その他、「るりが浜」「北浦浜」「砂子浜」と続いています。